2017年2月、ウィラー・エクスプレス・ジャパンの発表によると、
車内にトイレがない新シート「ReBorn(リボーン)」を搭載した夜行高速バスの運行を開始します。

同社のなかではハイクラスに位置付けられるバスで、
全18席がそれぞれ「シェル」覆われ、個別空間がつくられているそうです。

夜行高速バスにおいて、車内トイレの有無はバスを選ぶ際のポイントのひとつですが・・・・

予約サイトの多くに、「トイレ付き車両」に絞り込んで検索できる機能が備わっていおりますが、
ウィラー・エクスプレス・ジャパンではあえて積極的にトイレを設けてはいないといいます。

ウィラー・アライアンスの池 あい子執行役員のその理由については以下のように話します。

「10年ほど前に4列タイプの『リラックス』シート搭載車両を導入したとき、
トイレ付きとトイレなし車両を同額で用意したのですが、
トイレ付きのほうが売れ残ることが多かったのです。

当時、おもなターゲットである20代から30代の女性より、
車内のトイレに対して

『においや音が気になる』

『恥ずかしくて使えない』

『トイレ無しのほうが清潔感がある』

などの声がありました」

その後、広めのトイレを備えた車両を導入しても、
そのトイレに対して特段の好評価は得られなかったそうです。

これらの声を受けて、ウィラー・エクスプレス・ジャパンでは、
メーカーの標準仕様でトイレが付いている2階建て車両を除き、
トイレを導入していないそうです。

スポンサーリンク