この世の中には、
マスコミが報道できない健康法が
存在しているそうです。
→ http://directlink.jp/tracking/af/1467647/JPNBOu9y/

情報社会の昨今で現代人が
どのような最後を遂げているかを
厚労省の統計データをつぶさに
見てみると・・・

厚生労働省が発表している最近の
日本人の主な死因別死亡数の割合
(平成27年)によると日本人の
100人中約88人は病死しています。

しかも、残りの12人の約半分は、
不慮の事故や自殺が占めており、
普通に老衰で死ねる人は100人中
約7名といった具合です。

テレビ番組で連日のように
盛んに放送されている健康番組や
健康食品が溢れているのに
老衰で往生できる人の割合は、
明治32年からみるみる減っています。

さらに戦前は、結核や感染病による
病死が多かったのに比べ
今は、コントロール可能な食事や
運動不足に起因する病気で
死んでいる人が多い傾向が出ています。

広く健康情報が報道されている
昨今でこの真逆を行く統計結果は
一体どういうことなのでしょうか?

一言で言えば、巷にまことしやかに
流れている健康情報が
実は、あなたの役に立たないばかりか
逆に健康を損なう結果を生んでいる
ということを意味しています。

その一例は、あまたありますが、
ある国営放送の健康番組には、
国からももっと専門的な人間を
起用するように指導が入っています。

また、民放であっても
コマーシャルを前提とした
ポジショントーク番組と化しています。

東京都が独自で行ったサプリメントの
不当表示の有無を調べる調査では、
ネットで販売されている9割が不当表示
と判明し、店頭で売られているものでも
その約6割が不当表示であると結論を出しました。

かつてない健康ブームに拍車が
掛かっているものの、販売を前提とする
健康情報が返って私たちを混乱させ
粗悪な商品を購入する原因となっているようです。

このような偽物情報が溢れる中で
本質的な情報を広めようとする
専門家の方達が立ち上がりました。
→ http://directlink.jp/tracking/af/1467647/JPNBOu9y/

本当の健康がなんたるかを
彼らからの講義を受けることで
今すぐ知って下さい。

 

もしよろしかったら、「大内雅司おすすめ教材」をご覧ください。

このページでは、

「情報商材ナビゲーター」の大内雅司が

実践し中身を確認し吟味した情報商材をご紹介しています。

そして、最後に・・・

【大内雅司】LINE@へご登録お願いいたします。

友だち追加

【無料アフィリエイトメール講座(特典配布)】

ご希望の方はメルマガにご登録ください。

※有料高額塾以上の内容を無料でお届けします!

ランディングページビルダーPRO試用版特別配布(再配布権付)プレゼント!